プルーンのぎゅっと詰まった栄養素の解明

皆さんは最近プルーンを食べていますか?プルーンと聞くと小さい時に学校の給食で出ていたことを思い出します。プルーンは好き嫌いがあるかと思いますが、あの、小さな実にはぎゅっと栄養が詰め込まれています。そこで今回は、プルーンの魅力についてご紹介します。プルーンの歴史は弥生時代までさかのぼります。弥生時代に「日本すもも」と呼ばれるスモモが渡来しました。江戸時代になり、すももを食べる習慣が広まりました。明治時代には果樹園を作り、広く栽培するようになったそうです。現在は生食用としては長野、北海道、青森を中心に生産しており乾燥プルーンは80%以上を米国から輸入しているようです。プルーンには、ビタミンA、ビタミンB6、ナイアシン、カリウム、カルシウム、鉄分、水溶性食物繊維、ペクチンなどの成分が含まれています。

2b4956b0d307de8af81544b29844fcbd_m

代表的なビタミンAは目の健康維持や皮膚を丈夫にする、免疫力アップ、動脈硬化予防などの効果があります。カリウムには、むくみ解消、過剰摂取の塩分の排出、高血圧の予防、利尿効果などの効果があります。そして、プルーンと言ったら鉄を含んでいると第一に考える人も多いでしょう。鉄には造血作用のほかに成長促進の効果もあります。このようにプルーンには栄養素がぎゅっと詰まっていることが分かります。そこで、生プルーンと乾燥プルーン、どちらがいいのかと疑問に思う方もいるかと思いますが、結論から言いますと、ズバリ!乾燥プルーンです。乾燥プルーンは乾燥しているということで水分が抜けた状態です。水分を失ったプルーンは栄養素の塊といっていいほど濃縮されています。また、プレーンエキスといったものも売られていますが、ビタミンAや食物繊維が失われてしまうため乾燥プルーンに比べると栄養価が低くなってしまうことがあるので、ビタミンAや食物繊維を多くとりたいという方は乾燥プルーンをお勧めします。しかし、プルーンは健康にいいからといって摂り過ぎは厳禁です。多く摂りすぎてしまうと、下痢になってしまったり、カリウムの多量接種から腎臓が弱ってしまうこともあります。どんなにおいしくても、摂り過ぎには注意してください。

8135c05c02a5669d04d80d7559edcebf_m

いかがでしたか?プルーンについてちょっとでも参考になったらと思います。プルーンの小さい実にはたくさんの栄養素がぎゅっと詰まっています。持ち運ぶこともできる手軽なものなのでもっと日本全体にプルーンを食べる習慣がついていけばいいなと思っています。皆さんもプルーンを生活にちょっと加えてみてはいかがでしょうか。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です